【掲載】日本タイポグラフィ年鑑2019

日本タイポグラフィ協会主催の「日本タイポグラフィ年鑑2019」に、
デザインしたロゴ7点が入選し、掲載されました。
 
 
島根県・石見銀山にある人口400人余りの小さな町、
大森町のシンボルマークとロゴタイプ。
陰翳の美しさが象る町並みを綴ったwebサイトも制作しました。

https://iwamiginzan.jp/
 
 

 
鉱山として栄えた時代に、鉱毒から身を守る梅をとるために多く植えられた梅の木。
いまは町の景観の象徴ともなっている梅と森で、「大森」と読めるマークに。
 

 
なぜだかなつかしく感じる町の風景。日本の美しい物の原形がそのまま残った町を、
カタチの原形、○△□をあしらい表現したロゴタイプです。
 
 

 
日本の漬け文化をいまの食卓に届けたい、という想いでスタートした食材通販サイトのロゴ。
蔵の「漬マーク」のなかに、「づけ」という「読み」を加えています。
 
 

 
信念と志を大切に事業をおこなう企業さんの、インナーブランディング用に開発したロゴ。
本社のある石見銀山に根ざした想いを、志の文字を変型させ、「土の下にある心」とした図案。
 
 

 
ショートムービーの製作チームのロゴタイプ。
映像業界だけで無く、グラフィック業界や音楽業界、スチールカメラマンなど、
多分野から集まった集合体であることを、様々な形で表現。
 
「こころをテーブルにのせて」Trailer
 
 

 
スキンケアやインナーウェア、お肌を愛でること、それは毎日の積み重ね。
「暮」の文字の中に、「日々」の文字を隠してそれを示唆しています。
 
すはだと暮らし|群言堂